仮想通貨のモナコインとは?

モナコインと聞いて名前だけは聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
モナコインは仮想通貨の一つで、最近では仮想通貨を利用する芸能人の方も多いことで気になっている人も多いと思います。
仮想通貨を始めてみたいけど知識がない、高騰が続いているモナコインについて知りたいと感じている人がたくさんいると思うので、モナコインについてご紹介をしていきます。

・モナコインとは?
そもそもモナコインとは仮想通貨で、インターネット上でやり取りをします。
その部分に関してはビットコインと同じなのですが、最近ではモナコインで決済ができるお店も増えています。
決済ができるお店としては主に秋葉原のメイドカフェなどで利用でき、ビットコインに比べて日常生活でも使いやすいとされています。
モナコインが誕生した当時は、2ちゃんねるのソフトウェア版としてリリースされ当初は1MONA3円で取引されていました。

・ビットコインよりもモナコインの方が送金が早い!
モナコインは別名モナーコインとも呼ばれていて、単位がMONAとされています。
これは、ビットコインでいうBTCを意味していて、ビットコインよりも人気は低いのですがバージョンアップを繰り返し独自の姿に変化していてTwitterでも利用する人が増えています。
モナコインの最大発行枚数は1億512万枚で、ビットコインの2,100万枚を上回っています。
送金速度はビットコインよりも早くて、ビットコインは送金に10分かかるのが、モナコインを利用すればたった90秒で送金できるのが特徴です。

モナコインは国内の取引所でなくても、海外の取引所でも購入できビットコインに続き人気が高まっていることで、ビットコインを購入するついでにモナコインを始める人も出てきています。
さらに、Twitterを通してモナコインを送り合うことも出来るため、ちょっとしたお礼の印に友達にモナコインを送るという使い方もされています。

このようにモナコインは最大発行枚数、送金速度がビットコインよりも優れていて便利に利用できると言われています。
秋葉原ではお店で決済ができるところも増えてきていて、今後はさらにいろんな用途で利用できるのではないかと言われています。
国内の取引所でもモナコインを取り扱っているところとそうではないところがあるので、モナコインを購入したいときは取り扱いのある取引所を調べて、登録を済ませてからモナコインを購入するようにしましょう。
モナコインは価格の変動を見ながら売買することで利益を得ることが出来ます。