モナコインの今後はチャートが暴騰する?

モナコインは2020年までに今よりも価格が上昇すると言われていて、すでに仮想通貨を利用している人だけでなく仮想通貨を始めようと検討している人の注目を集めています。
これはあくまでも予想でしかないのですが、2020年までにどこまでチャートが伸びていくかを見ていきたいと思います。

・モナコインのこれまでのチャートの変動
モナコインは2013年に誕生し、実際にリリースされたのは2014年です。
2014年の1月当初は1MONAが3円でスタートし、2014年の8月には1MONAが99円まで上昇しました。
その後、チャートに変動が見られなくなり、2016年の5月には1MONAが0.1円にまで暴落しました。
しかし、2017年の1月には3円に戻り、2017年からはモナコインの暴騰が続いています。
2017年の10月には1MONAが728円までチャートが上昇し、これにはビットフライヤーが関わっていると言われています。
この頃、ビットフライヤーの取引所が取り扱いを始めたこと、2017年の10月に秋葉原で広告プロジェクトを実施したことで、もともと仮想通貨を行っていた人や宣伝効果によりモナコインを買い求める人が増えチャートが上昇しました。

・モナコインの今後は?2020年に向けてチャートはどうなりそう?
モナコインの今後としては1MONAが1,000円以上となることが予想されていて、2017年の10月に240倍を記録しているので1,000円を超えることも夢ではありません。
今後はモナコインの需要に伴い、2020年までには1MONAが3,000円〜5,000円程度になるのではないかとも言われていて、運が良ければもっと暴騰するのではないかと考えられます。
今は1MONAが600円程度なので、2020年まで持っていれば1MONAでも2,400円〜4,000円程度の利益が得られそうです。
もちろんたくさん買っておけばもっと利益が見込め、60,000円分購入したときは240,000円〜400,000円程度の利益になるかもしれませんよ。

2020年には東京オリンピックが開催され、海外からの旅行者が今以上に増えるのではないかと言われています。
さらに、日本のアニメは海外でも有名で、旅行ついでに秋葉原に行ってみたいという人もたくさんいると思います。
秋葉原ではモナコイン決算が出来るお店も増えていて、世界共通の仮想通貨でモナコインを利用する人が増えることが予想されます。
これによりモナコインのチャートも、2020年に向けて暴騰していくのではないかと考えられています。
モナコインをすでに買っているという人は数量を増やし、買おうか検討をしている人は安いときを見計らってモナコインを購入しておいたほうがいいと思います。