【世界版】モナコインの取り扱いがある取引所の一覧

モナコインを取り扱っている取引所の中には、大手企業や海外の取引所もあります。
モナコインを始めているという人も多い中、どこの取引所が人気なのでしょうか。
そこで、モナコインを取り扱っている取引所の一覧と共に、海外の取引所についても見ていきたいと思います。

・モナコインを取り扱っている取引所一覧
モナコインを取り扱っている取引所は、海外も含めて11の取引所があります。
その中にはやはり大手の取引所も含まれていて、すでにモナコインを購入しているという人の中にはZaifやビットフライヤーなどを利用しているという人も多いです。

・Zaif
・ビットフライヤー
・ビットバンク
・ビットトレード
・フィスコ
・アップピット
・ビットレックス
・ライブコイン
・クリプトブリッジ
・イーエックスエックス
・ブルートレード

この中で国内の取引所はZaifやビットフライヤー、ビットバンクやフィスコ、ビットトレードで口コミでは評価が良かったものの、実際に自分で使ってみて使いやすかったと述べる人もたくさんいます。
また、モナコインを利用している人の中には、海外の取引所を検討している人もいると思います。
しかし、海外の取引所は日本語に対応していないことが多いので注意が必要です。

・海外の取引所の特徴
モナコインを取り扱っている海外の取引所は、仮想通貨の種類が多いのが特徴で300種類以上の仮想通貨を取り扱っているところもあります。
モナコインに慣れてきたらこういった取引所を利用してさらに投資を行い、利益や資産を増やしていくことをおすすめします。
今後はビットコインやモナコインだけでなく、仮想通貨の価格が高騰を見せることが多くなると言われているので、安いときに仮想通貨を購入をしておくのがおすすめですよ。
ビットコインやモナコインも最初から価格の高騰が続いているというわけではありません。
よって、他の仮想通貨も価格が高騰していくことが十分に考えられます。
仮想通貨で利益を増やしたいという場合は、注目度が低いときに購入をしておき価格が高騰してくるまで待ち売買を行いましょう。

最近ではモナコインの取り扱いを始める取引所も増えていて、モナコインが世界から注目されている仮想通貨であることが分かります。
海外の仮想通貨の種類が少ない取引所でも、モナコインの取り扱いが行われるようになり今後のチャートから目が離せなくなりそうです。
モナコインは2020年に向けてさらに価格が高騰すると言われているので、価格が安い今を「買いどき」だと考え価格が高騰するのを待ちましょう。